SQUASH-PARTNERS OFFICIAL SITE
SQUASH-PARTNERS OFFICIAL SITE

簡単だから誰でも手軽に楽しめる! スカッシュのルールをご紹介

縦9.8m、横6.4m、高さ約5.6m以上の四面を壁に囲まれたコートの中に自分と対戦相手の2人で入り、正面の壁(フロントウォール)に向かって交互にボールを打ち合います。
その際、フロントウォールに当たるまでボールが床についてはいけません。フロントウォールに当たるまでボールが床につかなければ、前後左右4つの壁を使い、反射を利用して壁づたいに打ってもOKですが、必ず1度はフロントウォールに当てなければなりません。跳ね返ってきたボールをレシーブ側が2バウンドするまでに打ち返すことができなければ自分に得点が入ります。他にもフロントウォールに当たらなかったり、フロント・サイド・バックウォールラインより上やティンに当たった場合はアウトで相手の得点になります。サーブは1点ごとにラリーで勝った選手が行う。また、テニスと違いオンラインは全てアウト。 9ポイント先取(ラリーポイント方式の場合は11点先取)で1ゲーム取ることができ、3ゲーム中で先に2ゲーム取るか、5ゲーム中で先に3ゲーム取ったほうが勝ちとなります。

試合形式は2種類

[ラリーポイント方式] ※現在主流の試合方式

スカッシュレッスンDVD発売のお知らせ

サーブ権の有無に関わらず、ラリーに勝てばポイントが取れる方式。1ゲームは11点先取。ハンドアウト方式と同様、3ゲームマッチまたは5ゲームマッチとなります。10点(ポイント)で同点となった場合は、ゲームはどちらかのプレーヤーが2点リードするまで続けられ、そのプレーヤーがゲームの勝者となる。2009年4月以降、このラリーポイント方式が日本でも採用され、世界的に主流となっています。

[ハンドアウト方式]

サーブ権がある場合にラリーに勝ったときだけポイントが取れる方式。レシーブ側がラリーに勝った場合は、ポイントは加算されずサーブ権のみが交代します。
1ゲームは9点先取。
ゲーム中8対8になった場合は、9点先取のゲームとするか、10点先取にするかをレシーバーが決めることができる。通常3ゲームマッチで、それぞれ2ゲームか3ゲーム先取したら勝ちとなります。

試合の進め方

スカッシュコート

[サーブ]

まず、試合開始前にラケットをスピンしてサーブ権を決めます。サーブはサービスボックス内からフロントウォールのアウトラインとサービスラインの間に当て、ノーバウンドで相手側の斜線部分(コート1/4エリア)に入れなくてはならない。
サーブを打つ際に、サービスボックス内に片足を入れて打つ(両足を入れても良い)。

[フォルト]

サーブが相手の斜線部分に入らなかった場合やサービスラインより下に当たった場合、フォルトとなり相手にポイントが入り、相手のサーブ。 サービスボックス内に片足が正規に入っていない場合はフットフォルトとなり、サーブ権を失う。

[アウト]

ボールがティンに当たった場合
ボールがアウトラインより上に当たった場合
オンラインの場合

[ポイント]

ラリーポイント形式ではサーブ側、レシーブ側のどちらかがラリーに勝った場合に得点が入るが、ハンドアウト形式ではサーブ権を持つ者がラリーに勝った場合のみポイントとなる。よって、ハンドアウト形式ではサーブ権を持たない者がラリーに勝ってもポイントにはならない。
サーバーはポイントごとにサービスボックスを移動する。
サーブ権が移った場合は、どちらのサービスボックスからサービスしても良い。

[レットとストローク]

ラリー中に相手が邪魔で、ストローク(スイング)出来ない場合や、危険を伴う場合は、打つのをやめてレフリーに「レットプリーズ」とアピールする。
レフリーは
 A「レット」……やり直し
 B「ストローク」……妨害行為(サーブ権が移動、またはポイントが入る)
 C「ノーレット」……アピール却下
この3つを判定する。

[レフリーとマーカー]

レフリーは試合中、コートの外側でアウトの判定や、ラリーでの妨害行為に対してプレーヤーからのアピールを判定します。
マーカーはレフリーの隣でレフリーが下した判定をコート内のプレーヤーに伝え(点数を読み上げる) たり、スコアをつけたり、時間の管理を行います。マーカーは言うならばレフリーのアシスタントといったところでしょうか。マーカーは必ずスコアを記入してからコート内のプレーヤーに点数を伝えます。

※スカッシュの大会に出場すると、レフリー、マーカーを務めなくてはならないことがあります。スピーディな試合展開の中でプレーヤーのアピールに対してレットやストロークなど微妙な判定を瞬時に下さなくてはなりません。
レフリー、マーカーに不安を抱えている方に、ぜひオススメするのがこの1本。

レフリー・マーカーでお悩みの方必見!
日本代表監督・全日本選手権14連覇の潮木 仁氏監修
トッププレーヤーの試合で学ぶ・レット&ストローク早わかり

次のページ

ただいま好評発売中!

  • 松本淳のウイニングショット
    「キルショット」を特別収録!!

スカッシュのできる施設を
ご紹介!

コナミスポーツクラブ恵比寿

恵比寿「プライムスクエア」の一角、プライムスクエアシティ」にあるコナミスポーツクラブ恵比寿。

コナミスポーツクラブ恵比寿

SQUASH-PARTNERS OFFICIAL SITE